住まいが賃貸の場合にとる防犯対策は自分達でお金を出してする意味があるのか考えた感想を書きました

安心安全!住まいの防犯対策
このエントリーをはてなブックマークに追加
Contents安心安全!住まいの防犯対策

防犯対策をする住まいが賃貸の場合には悩みます

安心安全!住まいの防犯対策
住まいで持ち家ならどういう風なものを付けようと関係ないけど賃貸などはそう簡単に防犯対策できていないのが現状だと思います。特に古い家などはかなり簡単に入られてしまうんじゃないかと思います。そういう場合にやはり大家さんなどが気をつけて対策をしてあげないといけないんじゃないかと思います。大家さんは住んでいる人がいて問題さえ起こさなければ基本的には無関心というのがあたりまえのような気がします。私自身賃貸でしかも古いからというよりは取れるようなものがないからというまた違う意味で対策をしていないんですがそれでもとりあえずドアの鍵とか基本的なものに関してはすぐに直してもらうようにしているけどそれ以外はあまり言わないようにしているんです。何かを言ってもあまりすぐに動くタイプの大家さんではないので諦めているというのが本音ではあります。

多分私のように思っている人も多いとは思いますがそれでも基本的に賃貸の場合の対策については大家さんの許可がないと出来ないというのがあるから住んでいる人が危険じゃない程度の対策はもう少しはっきりとしたものがないとダメなんじゃないかと思うんです。自分の家じゃない分住んでいる人がお金を払ってする防犯はする価値があるのか考えてしまうんで住む以前にきちんと防犯対策をしている状態になっているのがいいんじゃないかと思うんです。特に一軒家でも古かったら狙われないという保障がないと思うんです。

注目の情報

Copyright (C)2017安心安全!住まいの防犯対策.All rights reserved.