住まいの防犯対策は防犯対策をしているということを侵入者にわかるようにしておくことが大切です。

安心安全!住まいの防犯対策
このエントリーをはてなブックマークに追加
Contents安心安全!住まいの防犯対策

住まいの防犯対策は見通しと侵入しにくさ

安心安全!住まいの防犯対策
以前警察官だった人で、住まいの防犯対策のアドバイザーをしている人が、泥棒に狙われやすい家とそうではない家があると解説しているのを聞いたことがあります。泥棒に入られやすい家はなんといっても外からの見通しが悪い家だそうです。高い塀や生垣があると道路から家の様子が全くわかりませんね。こういう家は狙われやすいそうです。窓ガラスを破っていても、鍵をこじ開けようとしていても外から人に見えないので安心して仕事ができるそうです。反対に道路や他の家から丸見えの場合は、入りにくいそうです。

また家に侵入するのに時間がかかる場合にはあきらめることが多いので、扉や窓に鍵を複数つけたり、窓ガラスを割りにくいものにしておくと良いのだそうです。家に入るときに時間をかければかけるほど、見つかるリスクは高くなります。プロの泥棒は一定以上の時間がかかるようなら、他の入りやすい家にターゲットをかえるのだとか。またこういった対策をしていることを、わかるようにしておくことも大切です。割れにくい窓ガラスは通常のガラスに比べて値段が高いので、ヒビを入れられてしまうとそれだけでも取り替えるのにお金が結構かかってしまいます。あらかじめ窓ガラスに防犯用の窓ガラスであることがわかるようにステッカーなどを貼っておくと、初めからターゲットに選ばれないそうです。とにかく泥棒にこの家は防犯対策をしっかりしているから、入りにくいと思わせることが大切なのですね。

注目の情報

Copyright (C)2017安心安全!住まいの防犯対策.All rights reserved.