私は昔、防犯グッズの専門店で働いていました。なので、住まいの防犯対策の紹介をしたいと思います。

安心安全!住まいの防犯対策
このエントリーをはてなブックマークに追加
Contents安心安全!住まいの防犯対策
安心安全!住まいの防犯対策

住まいの防犯対策について

安心安全!住まいの防犯対策
都内の一戸建てでは、庭付きとなると結構な販売価格ですよね。だいたい3LDKで駐車場付きとなると相場は三千万以上です。しかし、すぐ隣の埼玉になるとそこにちょっとした庭があっても三千万でおつりがくるようなところもあります。ただ、そういったところは、スーパーから離れていたり駅から離れていたりと、車の免許のない私にとっては不便な生活となってしまいます。

東日本大震災以来、住まいの造りとして耐震性、免震性、太陽光発電などに重点がおかれていますが今の時代は、防犯対策もしっかりしておいた方が良いです。私は昔、防犯グッズ専門店で働いていました。色んなカメラ、センサーライト、窓に取り付けるセンサーなど販売してきましたし、商品知識を備えてきました。真っ暗でも撮影できる赤外線カメラは照射距離はあくまで目安です。それに真っ暗でないところ、例えば近くに街灯があると反射してしまって撮影できないことがあります。また、防滴カメラというのは、どしゃ降りのような雨のところでは設置できません。ブラケットに入れるか防水カメラを設置することをお勧めします。

また、屋根裏のような暗がりのところでは、超小型カメラが良いと思いますよ。ピンホールでも画角は一般的なカメラと変わりません。また、カラーカメラの方がハッキリ映像が見れて良いのではないかと思われる方がいらっしゃいますが、白黒カメラの方が暗さに強いですし、映像としても今のカメラは画像がすっきりしていますので綺麗にみることができます。庭や玄関には、センサーライトをお勧めしていたのですが、あまり感度をよくすると、猫や風で飛んできたゴミなどにも反応してしまい、かえって、ご近所迷惑になってしまうことがあります。できるだけ照らす範囲も狭くしましょう。また、玄関の内側から、外にむけてカメラの設置はおすすめです。というのも、外側だと威嚇にもなりますが、隣近所の方がみられている意識をもってしまうからです。そして、証拠のためには録画をしていることが絶対です。
Copyright (C)2016安心安全!住まいの防犯対策.All rights reserved.